琴糸(錦糸)南天 [New Items]


琴糸[錦糸]南天(きんしなんてん)

赤い実どころではない、奇妙で不思議な枝葉の世界。
【歴史】

南天の実は喘息や百日咳に効果があるとされ、現在でものど飴の原料等として利用されている。
中国の南天は薬用として渡来したが、日本の南天も中国へ渡っていったという、きわめて珍しい歴史を持つ園芸植物である。
南天は「難転」に通じ、「成天(なるてん)」とも呼ばれ、「家庭円満」「願望成就」の吉祥の縁起木となった。人々は魔よけ・厄よけとして家の周りに植え込んだり、祝い事には床の間に活けたり、進物に
その葉を添えた。このように南天を暮らしに取り入れる風習は、すでに江戸時代以前からあったようだ。
しかし、江戸時代の末期になって、南天はこれまでにない展開を見せた。葉変わり品種の登場であり、
それらはたちまち人気を博していく。その代表的な品種群が琴糸(錦糸)南天である。
江戸末期から明治前期ころまでが南天の最盛期と思われ、大正期や昭和には下火となったようだ。
しかし、戦後は品種数はかなり減ったものの、数少ない栽培者や愛好家により何とか維持されている。

【観賞】

葉が小さく葉柄も細く糸のような“錦糸”、葉柄が複数くっついて筏を組んだように見える“筏”、小葉がなく葉軸だけとなった“棒”など、独特な『葉芸』※が喜ばれる。
(※その品種の葉が持つ独特の特徴や固有の形質)

【販売形態】

「さかさ鉢」とポット苗のセットでの販売です。


1