雪割草


雪割草

英国フラワーショーでも絶賛された、“変わり花”の伝統園芸植物。
【歴史】

江戸時代、雪割草は福寿草と同じように新春を飾るめでたい花として、江戸や京といった当時の都市住民に紹介された。江戸以前には名前が見当たらないが、江戸中期(享保年間)に初めてその名が出てくる。その頃、採集した雪割草の花変わりが江戸や京で売り出され、人気を博した。江戸末期になると、需要が増えた。とくに新潟地方から、採取品が俵に詰められ大量に出荷され、そうした流通はその後も続く。
明治に入ると、24品種が描かれた図譜が出版されたりもして、一定の人気は持続していたと思われる。しかし、大正から昭和にかけては、雪割草の記録は見出せない。けれども、昭和の終わり頃になると、新潟地方を中心に再び雪割草への関心が高まる。この時期には、ひじょうに多様な花の変異が見られるようになり、栽培者や愛好家の関心が一気に熱を帯びた。2000年2月には、英国王立園芸協会主催のロンドンフラワーショーで新潟の有志が出展した雪割草が、日本の生産者としては初のゴールドメダルを受賞した。かつての人気は静まったとはいえ、今でも新花が出ると、愛好家の熱気を呼び起こす。

【観賞】

伝統園芸植物の中でも、雪割草は花の“芸”※に富む植物である。同一の種とは信じがたいほどの多様な変化を見せる。その花形・花色の変異をじっくり楽しみたい。
(※その品種が持っている独特の特徴や固有の形質)

【販売形態】

「さかさ鉢」とポット苗のセットでの販売です。


8