紫金牛 [New Items]


紫金牛(やぶこうじ)

かつては手さげ篭に入れられ、こわれ物のように大切に扱われた。
【歴史】

万両や百両金と同様に、観賞用として変わり葉や斑入り葉を野生から選抜して発展した。
万葉集にはこれを詠んだ歌が5首も記されている。
常緑で冬に赤い実をつけるので、昔は慶事を祝う時の魔除けとして用いられた。
古くは「ヤブコウジ」と「カラタチバナ」は区別がなかったが、「紫金牛」は混乱を避けるため江戸時代に付けられた名称である。
人気の面では、とくに江戸後期と明治以降に2度の大流行を見た。
明治初期、新潟県で熱狂的な流行が起き、米400〜600俵で取引された品種もあったという。それで同県では明治30年「紫金牛売買取締規則」が発布されたが、流行は明治末まで続いた。
それほど高まった紫金牛への熱も大正時代を経てすぼみ、昭和に入ると流行は止んだ。
しかし、最近になって一部の伝統園芸植物と同様に、愛好家が少しづつ増えてきている。

【観賞】

紫金牛は『葉芸』※1を観賞する。“覆輪”、“斑”、“コンペ”※2などを楽しむ。
(※1. その品種の葉が持つ独特の特徴や固有の形質)
(※2. 葉の縁に沿った白色の突起物で、紫金牛の葉芸の中でもとくに珍重されるもの。)

【販売形態】

「さかさ鉢」とポット苗のセットでの販売です。


2